要チェック「賃貸博物館へようこそ★賃貸の悩み解決Web」

賃貸のことについて豊富なお役立ち情報を公開しています。
まずは「賃貸博物館へようこそ★賃貸の悩み解決Web」をお気に入り登録しておくと便利です。世の中のどんな業界にも悪質行為をしている業者があるもので、不動産業界でも同じように悪質な業者が存在しています。
とにかく大切なのは不動産屋の担当者が親身になって一緒に物件探しをしてくれるのかということになります。分譲で購入をするよりも賃貸の物件の方が人気であり、需要があることで全国的に続々と賃貸物件が増えてきています。
そんな賃貸物件の中には、驚きの賃料で設備が整っているお得な物件もあるので不動産屋に相談をしてみましょう。

 

賃貸に引越しをしてから「こんなハズじゃなかった」と後悔をしてしまっても後の祭りなのです。
生活の拠点となる自分の部屋なのですから、事前の現地調査を入念に行い失敗しない物件選びをしましょう。





賃貸博物館へようこそ★賃貸の悩み解決Webブログ:23年01月27日
私は、5年ほど前に階段から落ちて頭を強く打った。
医者から外傷性くも膜下出血と診断され、長期間の入院と通院が続いた。

もう一度、大好きなマラソンができるのか、
気持ちがブルーになりすべてがマイナス思考になってしまった。

姉は、私の顔を見て
「顔つきが変わった」と言う。

確かに入院中は、
いつも怒った表情で眉間にシワを寄せ、
口から出る言葉は愚痴と泣き言、そして昔の苦労話ばかりだった。

病気は、からだの健康だけでなく
心の健康、外見までも変えてしまう。

それでも
姉は笑顔で「無理しないでね、ゆっくり治してね」と
いつもリハビリに付き合ってくれた。
そしてまたマラソンができるまでに回復した。

それは、連日姉が笑顔で作ってくれた弁当にある。
肉や魚以外に、
旬の野菜やミニトマト、ピーマン、ナス、きゅうりなどを取り入れ、
弁当はまるで野菜畑のように彩られ、大変食欲をそそるものであった。

それまで食欲のなかった私は、どんどん食欲がわいてきた。
そのおかげで、
ホノルルマラソンやニューヨークシティマラソンに出場し完走もできた。

姉の魅力は、明るい「笑顔」だ。
若い頃の写真を見ても、いつも笑顔の姉がいる。
入院中もその笑顔で、元気をもらった。

3年前に父親が亡くなった時も、
姉はママに
「おとうさんは、天国に行って好きな釣りをしているよ」と
優しく笑顔で言ってくれた。
ママは、嬉しそうに「そうだね」と答えた。

姉の笑顔は、私を元気にするだけでなく、
家族みんなを明るくしてくれる不思議な力を持っている。



賃貸博物館へようこそ★賃貸の悩み解決Web モバイルはこちら